En mo takenawa

✴︎ももしろの発信するだけ発信するブログ✴︎

貯蓄率の目標を決める

色んなブログを読み漁り、色んな家計術を試してみたけれど、「これだ!」というやり方に出会えない。

そこで、ふと目に留まった貯蓄率という言葉。

貯蓄額÷手取り収入×100=貯蓄率 らしい。

シングルの方…30%〜

子どもが幼い家庭…20〜30%

子どもが中高生…15〜20%

平均してこんな感じとのこと。

とりあえず、先月のざっくりした貯蓄率を出してみる。

ももしろは小学生の女の子(少食)と、3歳の男の子(絶賛偏食中)で、23.4%ほどだった。(学資保険や投資信託なども貯金と換算)

それを見て、考えた。

20%で良しとするか、キリよく25%にあげるか、30%まで頑張るか。

節約の目的は?

色んな節約ブログを読み漁り、週にいくらまで、1日いくらまで、この項目にいくらまで……などなど、色んな方の頑張りを眺めてきた。

そうしているうちに、私もそれくらいしなければいけない!……ような気になってしまっていた。

まだ切り詰められる、週にいくら以上使うなんて使い過ぎているかもしれない…!などなど。

だけど、貯蓄率として考えた時、平均値と呼ばれるものに達していた。

では、ももしろ家の目標としては、どうか。

そもそも目標ってなんだろう。

なんのために節約ブログを読み漁り、何個もの家計簿アプリを断念し(これは性格)、何冊も家計簿ノートを自作してはダメにしてきたんだろう?

自分の中に目標としてのラインがなかったことに気がつく。

ただ節約すること。

そのことが目標になっていた。

それでは人生、つまらないのではないか。

目標貯蓄率に達していたら、あとは自由に使う

目標貯蓄率を決めた。

貯蓄率という概念がなかった先月の23.4%という数値を基準にすることにした。

先月と同じように過ごしていれば、達成できるはずだ。

あとはどう使おうがOK。

あまれば貯金する、くらいのゆるさでいこう。

週に使う金額や、項目別予算など、各家庭で大きく変わってくる。

それを同じようにしようとするから無理が出る。

考えればすぐに分かりそうなことだけど、それでも「これでいいのか」に対する何らかの答えが欲しかった。

その答えとして、私は貯蓄率という割合を使うことにした。

貯蓄率、ぜひ計算してみてください✌️