En mo takenawa

✴︎ももしろの発信するだけ発信するブログ✴︎

目に見えない力を信じてる、その中でも自分の直感を一番信じている。

ももしろの過去の戯言をご存知の方は、もう耳にタコかと思いますが、色々怖い体験をして以降、目に見えない存在を畏れて、かたや力を借りて、今思えば結構振り回されていたのかもしれないなぁ、と、最近思うようになった。

もちろん今も、目に見えない世界や力は信じている。

神仏への敬意

権力や地位のある人ほど、最終的に行き着く先は、そういうスピリチュアルな世界だと聞いたことがある。

縁起を担ぐとか、神仏を大切にする…とか。

会社経営のことは部下に任せて、日取り決めなどを鑑定してもらうことに尽力してるという話も聞いたことがある。

こういう世界を信じる人と、全く信じない人は、多分相容れない世界線上を生きていると思うので、あまり実生活では話に出さない。

上でも書いたけど、私はその世界を信じる方。

だけど。

実際見えたりするわけではないので、分かると言われる方に教えてもらうしかない。

つまりは、それが本当か、その力を持っている人がホンモノかどうかも見定められない。

一番信じられて、だけど一瞬で信じられなくもなるもの

難しい話だけど、この世の中で一番信じられるものって、自分なのかなと思う。

自分が存在している、この瞬間自分はこう思っている、ということは、確実に事実。

だけど、正解か分からないからみんな悩む。

自分が感じたものを心の底から100%信じるって、難しいよなぁ、と思う。

誰かに教えてもらった方が楽だし、納得できたりする。

自分は間違うかもしれないという前提みたいなものがあるというか。

(単純に、自分で決めて失敗したくない、という気持ちもあるのかも。誰かが決めてくれた方が、失敗した時に人のせいにできて、自分の心を守れたりする)

主観って難しいですよね。

欲というか、こうあって欲しいという願望が入るというか。

逆に、めちゃくちゃ心配しすぎちゃったりとか。

だけど、他者に対する(それがあまり関係ない人だと特に)観測って、意外と当たることありませんか?

損得抜きで感じることって、意外と当たることが多いと思う。

ポジティブすぎてもネガティブすぎてもダメ。

願望や杞憂が混じってもダメ。

フラットな心で感じる。

だけど、これが難しい。

スピリチュアルの先に行き着く場所

色々考えた結果、最終的に心が行き着く場所は「感謝」なのかな、と思うようになった。

少し前の自分は、同じ場所に立っていながらたくさんの不満を抱えていた。

だけど思考を重ねていくうちに、いつの間にか、同じ場所、同じ環境にいながら、周囲への感謝を抱くようになった。

私はこの感覚を強く実感したのが、数年前。

それから、不思議と周りの雑音が気にならなくなった。

他の誰かと自分を比べることがなくなった。

比べる相手は常に私。

今の私、前の私と比べてどう?と考える。

私が求める私と、ブレがある?ない?

比べる対象が自分なので、周りは全く関係ない。

つまり、とても生きやすい。

HUNTER×HUNTER ネテロの言葉

この感覚を理解した時、思い出したのはHUNTER×HUNTERの一節。

突き一万回でしたっけ?ネテロが修行を重ねていくうちに、最後に行き着いたのは「感謝の心であった」という文言。

初めて読んだ時は「へー」くらいだった。

感謝ってどういうことだろう?結構ありきたりな感じ?的な。

だけど、今は「分かる」と思える。

冨樫先生は凄い。

直感を信じる

そんな、うまく説明できない気持ちの変化を経て、数年前から周囲への感謝が止まらない。

そして、信じている目に見えない力は、自分の中のフラットな感覚。

ポジティブに感じたこと、ネガティブに感じたことを、湾曲することなく、受け止める。

シンプルだけど、難しい。

難しいからこそ、忘れることなく感じていきたい。

今後も自分を信じて、進んでいきたいと思っている😊